FX初心者のはじめ方~相場からFXを学ぶ~

FXを始めたばかりの初心者が相場で勝つためにはどうすればよいのでしょう?実際の相場からFXを学んでいきましょう!

日本で最上級の経済指標GDP

Posted on | 9月 18, 2011 | 1 Comment

11月15日の早朝に日本の経済指標の中でも最上級に位置する経済指標「GDP」が発表された。このGDPは四半期毎(3カ月に一度)に発表される。今回も注目されたが、市場予想を大幅に上回り強い結果となった。残念ながら為替市場への影響は殆ど見られなかったが、重要度の高い経済指標に間違いはなく、GDPの説明と強い結果となった背景に迫りたい。

GDPとは、ある一定期間(普通は1年間)に、ある国の国内で新しく生産された財(生産物)やサービスの付加価値の合計で、その国の経済活動の大きさをはかる指標として用いられている。つまり、その国内で1年間に行われた生産活動を対象にするという意味。具体的に言うと、海外企業の在日支店の生産活動も日本のGDP算出対象となる一方で、日本企業の海外支店での生産活動は、日本のGDPには含まれない。また、家事労働やボランティア活動などもGDPには計上されない。

GDPには「名目GDP」と「実質GDP」があり名目GDPは、単純に市場価格で評価したGDPであるのに対し、実質GDPは物価の上昇・下落の影響を取り除いたものとなる。したがって、名目GDPが増えても実質GDPが増えなければ、経済活動が大きくなったとは言えないということである。そのため、物価変動の影響を除いた実質GDPのほうが経済の実状を知る上で重視されている。

第3四半期の結果

  • 実質GDP(前期比)は前回0.4%、市場予想は0.6%のところ結果0.9%上昇
  • 実質GDP(前期比年率)は前回1.5%、市場予想は2.5%のところ結果3.9%上昇
  • 名目GDP(前期比)は前回-0.6%、市場予想は0.5%のところ結果0.7%上昇

背景には、

  • 今年の夏が猛暑となり消費活動が増加、
  • エコカー減税の駆け込み需要、
  • タバコ増税前の駆け込み需要

などが7~9月(第3四半期)の経済活動を押し上げた。ただ10~12月(第4四半期)に対する見方は、第3四半期の反動のためマイナスに陥ると見られている。景気の踊り場になると思われるが、内需が落ち込むと思われるため、外需次第となろう。今後も注目して行きたい経済指標の一つに違いはない。

Comments

One Response to “日本で最上級の経済指標GDP”

  1. Mr.FXman
    9月 18th, 2011 @ 11:41

    こんにちは。
    いつも面白くサイトを見させていただいています。
    FXを始めとした経済のことを詳しく知ることができるので良いサイトだと思います。

  • About

    aaaaa